金属アレルギーについて

世の中にある様々な物にアレルギー反応を引き起こす可能性が秘められていますが、貴金属に関しても例外ではありません。
一度アレルギーに感作すると、長い間持続しアレルギー自体を治療することは出来ません。
そのため、もし金属アレルギーになってしまったら、着用をやめ買取に出すということも視野に入れておきましょう。

◇金属アレルギーとは?
ジュエリーや雑貨などに含まれている様々な金属が、汗によって体液で溶けてイオン化します。
そしてそれが体内に入ることで拒絶反応を引き起こします。
正式名称はアレルギー性接触皮膚炎と言いますが、『かぶれ』状態になります。
一度
感作すると治癒は難しく、継続して使用する場合には悪化を招いてしまうため、即座に着用・使用をやめましょう。

◇金属アレルギーの原因
アレルギーが起こるのは体質による部分が大きいですが、金属の溶けやすさによっても左右されます。
貴金属に代表されるものは8つの種類があり、それぞれ金、銀、白銀、イリジウム、ロジウム、パラジウム、ルテニウム、オスミウム。
その他、様々な金属がありますが、低品質とされる金属は溶け出しやすく、人の体に合わないことがよくあります。
汗は酸性で、金属というのは酸性に弱い性質を持っているため、汗により体内への侵入を安易にします。
皮膚の厚さなどその他様々な要因が組み合わさることでアレルギーが引き起こされます。

◇金属アレルギーを起こしやすい金属について
一般的に低品質とされる金属ほどアレルギーを引き起こしやすいとされています。
アレルギーを引き起こす可能性が高い金属はニッケル、コバルト、クロム、亜鉛、マンガン、銅、銀、プラチナ、金、チタンという順番になります。
アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす、最も可能性の高い金属はニッケルで、硬貨に使用されていることもあり、感作者が一番多いとされています。
金メッキ仕上げされたアクセサリーにはニッケルやメッキが使われることがあるため、アクセサリーによる感作者も多いようです。
銀や金、プラチナなど純度が高いものに関しては比較的安心です。

◇金属アレルギーを引き起こさないために
アレルギーは衛生状態によっても引き起こされるため、特に夏場のケアが大切です。
アクセサリーなどを清潔な状態に保つために日頃から手入れをしておきましょう。
また特に夏場は汗に対しても考える必要があります。
短時間では汗によって金属が溶け出すということはありません。
長時間の使用により、また汗と金属の密着時間により、イオン化して体内に侵入します。
そのため、汗をかいたままにするのではなく、定期的に拭ってあげることが大切です。

◇金属アレルギーになってしまったら?
まずはどの貴金属が原因なのか突き止める必要があります。
皮膚科などでパッチテストで検査することが出来ます。
原因の金属を突き止めることが出来たら、それを含むアクセサリーなどは着用しないように、また購入する際も注意しておきましょう。
無理な着用は症状が悪化してしまいます。
かゆい程度であっても着用を避けましょう。

アレルギーになってしまった場合は、特定の貴金属が混ざったアクセサリーや雑貨などは放置せずに買取に出すことをお薦めします。
金や銀、プラチナといったものは特に高価買取になるため、ご家庭に放置せず、貴金属買取に出すということも視野に入れておきましょう。
そうすればお金も手に入り、そのアクセサリー等も他の人に使ってもらうことができます。