貴金属の製法の種類とは?

貴金属を購入したり買取したり…。
様々な事を考えている方も多いとは思うのですが、事実貴金属で作られる製品には、様々なものがあり、一言では言い切れない程のものがあります。
事実、そういった貴金属製品は当然ですが、様々な工程を経て製品としてこの世で販売されます。
そういった部分を考えてみると、どうやって、どういった製法で作られているのか…と、いう事に疑問が湧いてくるかもしれませんね。
そもそも、こういった貴金属製品はアクセサリーや工業用品、そして日常品と私たちの生活の中にある身近なものです。
そういった貴金属の事を知ることによって、より生活が豊かになっていくと思えば、何となく普段の生活も楽しくなってくるのではないでしょうか。
と、いうことで、ここでは貴金属の製法の種類などを紹介していきます。
是非、参考にしてみてください。

◇貴金属の製法①

「鋳物」
鋳物というと、ちょっとかしこまったイメージがあります。
もちろん、工業用品であったり様々なシーンでの部品として扱われるので、そういったイメージが付きまとうのかもしれません。
さて、そんな鋳物といえば、基本的にはエンジンブロックであったり、バルブなどが一般的かもしれません。
製法の方法としては、基本的に金属を溶かしてから、鋳型というものに流し込み作られるものをいいます。
この製造方法は貴金属製法にとって一般的ですが、基本的には加工をしにくい形状のものであったり、材質などの金属に施される加工方法となっています。
薄いものだと、加工はできないそうです。

「機械加工」
また、高精密度部品などは、細かい作業が必要となってくるために、鋼材で削り出す作業が必要となってくるようです。
そもそも、こういった機械加工のものが多いでしょう。

◇貴金属の製法②

「プレス加工」
貴金属に関わらず、プレス加工という製法は多くの方が聞いた事がある製法のひとつではないでしょうか。
基本的に、こういったプレス加工で作られる貴金属の製品は、板厚0.1ミリという薄さのものから作成することができます。
製法の工程としては、金型に板材を圧力をかけていきます。
機械的な強さでプレスをしていくことにより、より薄く仕上がっていくというのが特徴のひとつかもしれません。
剪断に成型された、薄く精巧な金属を生成することができるので、多くの製品にはプレス加工が施されていると考えて良いかもしれません。

「鍛造」
鍛造というと日本人には馴染みがあるかもしれません。
この鍛造という製法は日本刀などを作る時に行われるものであり、テレビなどでご覧になった事がある方もいるでしょう。
さらに、はさみであったろペンチなどもこの鍛造で作られる製品です。
製造方法としては、金属を加熱し、そして叩いて靭性を強くしていきます。
刃物などによく使われる製法ですので、覚えておくと良いのではないでしょうか。

◇貴金属の製法③

「粉末治金」
粉末治金は、金属類を粉末にするものです。
美術品などに金粉をまぶすようなものでは無く、製品などを作る時に使われるものです。
どういったものに適用されるかというのは、まず小型のモーターなど型があるものです。
粉末にすることで、こういった型から新しい製品を作ることができるという事なのです。

「その他」
貴金属の製法にはまさに様々なものがあります。
例えば、ロストワックスと呼ばれるものは、金型からワックスを一度作って、セラミックをコーティングし、ワックスを無くします。
そして、このセラックで鋳型を作り金属を流し込み作ります。
ダイカストとなると、機械的に圧力をかけることで、金型に金属を流し込む方法となります。
他にも、貴金属には様々な製造方法があり、日々改良が重ねられた様々な製品が生み出されています。
身近にある貴金属製品を今一度見直し、どういった製法で作られているか考える事も良いかもしれませんね。