様々な金の種類

金、銀、プラチナといった有名な貴金属がありますが、最近では純金に配合する銀や銅、パラジウムと貴金属の比率を変えることで、様々な色に変える技術が開発され、とても人気になっています。
基本的には18Kの金を用い、様々なアクセサリーに加工されています。
どれも今までになかった色を醸し出ことにより、また安価に手に入れることが出来ることから、人気が急上昇し、今後もその傾向は強くなると思われるため、金や銀、プラチナといった代表的な貴金属以外にどのような種類があるのか知っておきましょう。

◇イエローゴールド
イエローゴールドは金18Kに銀と銅を半々の比率で混ぜることで化学反応が起こし作り出されます。
主にアクセサリーに加工され、その色は金よりも黄色が強く、すごく目立つため、多くの高級ブランドにおいても使用されています。
また、その黄色は特に男性に人気があります。

◇ピンクゴールド
ピンクゴールドは金18Kに銀を少量、残り銅といった比率により作り出されます。
今までピンク色というのは宝石でしか見かけることが出来ませんでしたが、現在ではピンクゴールドの登場により女性ファッション業界にかなりの影響を与えています。
男性が持つというのはほぼないでしょうが、女性へのプレゼント品として購入される方が年々増えてきているようです。
貴金属の中でも割と安い方なので、今後も女性に愛され続けていくでしょう。

◇グリーンゴールド
配合率はピンクゴールドと真逆で、金18Kに胴を少量、残りを銀といった比率でグリーンゴールドが作り出されます。
『青金』や『青割』とも呼ばれるグリーンゴールドはまだまだ知名度は低いのですが、その色合いはシックでありながら可愛さがあるため、特に若い方に人気があるようです。

◇ホワイトゴールド
ホワイトゴールドは2種類の配合率により作り出すことができます。
1つは金18Kにパラジウム、もう1つは金18Kにパラジウムと銀と銅を混ぜることで作り出されます。
プラチナとよく混同されてしまうことがありますが、ホワイトゴールドとプラチナは全くの別物です。
しかしながらプラチナとよく似た輝きを持っているため、購入する方が年々増えてきています。
やはりホワイトというカラーは老若男女、または男女問わず全ての方に人気があるため、これらの合金の中では一番人気です。

◇これらの合金が愛されている理由
貴金属に代表される純金、純銀、純プラチナはその希少性から値段も高く、手が出せないという方が多いのが事実です。
よってまず第一に安価という部分で人気があります。
次に色です。
上述した合金の他にレッドゴールド、パープルゴールドといった様々な色が登場しています。
今まではゴールド、シルバーなど特定の色しかありませんでした。
ファッションというものはいつの時代も注目されるため、様々な色の種類があり、その輝きに新鮮さを感じる人が増えました。
また、コーディネートの一つとしても重要なものとなるため、愛されるようになりました。
ただし合金ということで、長年の使用により変色します。
そのため少しでも長く愛用していけるように日頃から手入れを怠らないようにしてください。

イエローゴールド、ピンクゴールド、グリーンゴールド、ホワイトゴールドどれをとっても大変人気があり、今後もその傾向は強くなっていくでしょう。
現在でもすでにその人気から貴金属買取の市場においての買取額が高い傾向にありますが、今後はもっと上がっていくのではないかと推察します。