貴金属買取で知っておきたい高額査定になる3つのポイント

お持ちの貴金属を少しでも高く買取してもらいたいと思うのは当然のことだと思います。
高価買取してもらうために抑えておかなければいけないポイントがいくつかあるので紹介します。
是非参考にして頂ければと思います。

◇貴金属を高価買取してもらうためのポイント

その1.複数の買取店で査定してもらおう
貴金属を買取しているお店はたくさんありますが、それぞれ買取額が違ってきます。
これはそれぞれのお店ごとに査定の基準や手数料が違うということで起こります。
よって複数のお店で査定をしてもらうのがポイントになります。
田舎や郊外にお住まいの方でお近くに貴金属を取り扱う買取店がない場合は、出張・宅配で買取してもらうことがあるかと思います。
出張や宅配といったサービスを利用するのも良いのですが、1回あたりに多大な労力と時間を使ってしまいます。
出張や宅配を利用してたくさんのお店で査定してもらう労力と時間があれば良いですが、やはり自分の足で直接何軒ものお店を廻る方が時間の短縮になりますし、あまり労力もかからないため、出来ることなら自分の足で店頭に向かう方がいいかと思います。

その2.日頃から手入れをしておこう
貴金属の中でも地金には該当しませんが、特にネックレスやピアスなど使用頻度が高いアクセサリーなどは日頃から手入れをしておきましょう。
地金の場合、基本的には相場のみによって価格が決定づけられます。
しかしながら、アクセサリーなどは状態によっても査定額が変わってきます。
多くの買取店ではアクセサリーなどを買取して、少し値をプラスして販売します。
その差額分がお店の利益となります。
よって必然的に状態の良いアクセサリーの買取額は上がるというわけです。
もちろん片方しかない貴金属製のピアスだったり、チェーンだけしかない場合でも買取ってもらえます。
この場合の査定基準は相場のみとなります。

貴金属といっても金や銀、プラチナ製品はそれぞれ、手入れの仕方が異なってきますが、基本的にどれも簡単に手入れをすることが出来ます。
日頃から使用後に柔らかい布などで汚れやほこりを拭い取ってあげることで、良い状態がずっとキープされるため、日頃からのお手入れはとても重要です。
古銭や記念硬貨などはご自身で磨かずにそのままの状態で査定に出しましょう。

その3.付属品は大きな査定対象になる
鑑定書や鑑別書、保証書などは大きな査定対象になります。
また、購入時に付属していた箱や保存袋なども持参しましょう。
多くの業者は買取した貴金属を販売するケースがあるため、これらの付属品の有無で査定額が変動してきます。
しかしながら、紛失してしまった場合でもあっても、もちろん買取はしてもらえるため、悲観的になる必要はありません。

◇買取の際に注意しておくべきこと
地金の場合、買取に際して税金がかかるということを頭に入れておきましょう。
中には確定申告をしなければいけない場合があります。
また貴金属を買取する時に身分証明書の提示が必要になりますので、有効期限が切れていない運転免許証や保険証などを必ず持参してください。
その他、宅配を利用する場合、お店によっては『規定の重量』に達しない貴金属を受け付けていない場合があるため、確認しておきましょう。

地金などは相場のみによって買取額が決まりますが、アクセサリー等はデザイン性や状態などによっても値段が変わってくることがあります。
そのため少しでも早く売ることをお薦めします。
上述したように日頃から手入れをしっかりし、査定には付属品を持参し、たくさんのお店を回ることで自ずと高価買取が実現されます。
お手持ちの貴金属品を少しでも高く売るために是非実践してください。