貴金属買取の落とし穴「手数料」ってなに?

貴金属買取で注意するべきポイントはいくつもありますが、その中の一つが「手数料」です。業者が公開している買取金額表から計算し、売却金額を予想していたのに、実際にはそれよりもはるかに少なかった!なんて場合には、この「手数料」が関係しているケースが多くあります。

業者によって扱い方がまちまちの「手数料」とは、一体なんなのか。手数料の仕組みや具体的な金額、さらに手数料で損をしないためのお店選びのポイントを紹介します。

手数料は「業者の儲け」と関わっているもの?

貴金属買取で業者が利益を生み出すためには、買取した貴金属を買取金額よりも高値で売却する必要があります。その差額が、買取店の利益になるというわけです。

貴金属専門の買取店の場合

買取店によっては買い取った貴金属は、一度溶解され、別の形に生まれ変わって再度流通します。集めた貴金属を溶解するためにも費用がかかりますし、溶解の途中で、貴金属はどうしても目減りしてしまうもの。

この「溶解費用」や「目減り分」として、手数料を設定している業者が多くあります。業者側が、これらの費用を負担しようとすれば、業者の取り分が減ってしまうわけですから、より多くの儲けを得るために、「手数料」が設定されているというわけですね。

溶解の仕組みを持っていないお店も

貴金属買取に乗り出す店舗が増えている今、「貴金属を買い取っても、溶解して再度流通させるための経路を持っていない」というところも増えてきています。この場合、買取で集めた貴金属を、さらに別の貴金属買取専門店へと売却することで、利益を生み出しています。

こうした店舗では、いわゆる「溶解料」や「目減り分」が発生するわけではありません。それにも関わらず「手数料」が発生するケースもありますが、こちらは純粋に、「差益を大きくして、業者側の利益を出すため」と考えれば良いでしょう。

店舗によって「手数料」の扱い方は大きく違う

買取サービスを利用する方にとっては、なんとなく損をしたような気分になる「手数料」の仕組みですが、こちらは法律などで明確に定められたルールではありません。実は業者それぞれが、独自の手法で内容を設定しています。

手数料の主な設定

手数料の取り方や金額が業者ごとに違っているのは、このためなのです。手数料の設定方法としては、以下のような例が挙げられます。

・「取引金額の○%」という計算式で手数料を計算
・地金1つあたりに手数料を設定
・取引金額ごとに、手数料をランク分け
・査定料や見積もり料という名目で徴収
・手数料は無料

これらの例でわかるとおり、業者によって「名目」も「金額」も、そして「計算方法」も全く異なってきます。いくらの取引をしたら、どれだけの手数料が発生するのか、取引前にしっかりと検討しておく必要があります。

じゃあ、手数料無料はお得なのか

手数料に関するルールがお店ごとに異なっているという状況の中で、ひときわ注目を集めやすいのが「手数料無料」をうたう店舗です。「手数料をとられるのは損! だったら取られないお店を選べば良い」という理屈にも一理ありますが、ここにも落とし穴が潜んでいる可能性があるので注意しましょう。

手数料無料の買取店で注意すべきこと

さきほども説明したとおり、手数料は業者側の儲けと密接に関わっている項目です。手数料で儲けを出していないとしたら、そのほかのどこかで、儲けを生み出しているはずなのです。

もっとも多いのは、「手数料を設定しない代わりに、1グラムあたりの買取単価を下げている」というケースです。手数料を設定している業者よりも、買取金額が低くなる可能性もありますから、「手数料無料」だけに踊らされず、じっくりと吟味する必要があります。

信頼できる買取店選びのポイント4つ

業者にとっては非常に重要な「手数料」ですが、買取サービスを利用する側にとっては、不透明な印象を抱きがちなポイントでもあります。貴金属買取で後悔しないためには、信頼できるお店選びをすることが重要です。以下の項目を参考に、お店選びをしてみてください。

手数料の合計が納得できる範囲内であること

手数料に関するルールが明確化されていない今、さまざまな名目の手数料を徴収して、「最終的な買取金額は、相場の半値以下になってしまった!」なんてトラブルも実在しています。

各種手数料に関する情報が、正しく説明されていること

事前に手数料に関する説明をきちんと行い、実際にそのとおりに買取手続きを進めてくれる店舗であれば、安心して依頼できます。

リアルタイムの金の相場情報から、買取金額がかけ離れていないこと

また信頼できるお店選びをするためには、自分自身で予備知識を身につけておくことも大切です。リアルタイムの金の相場情報をチェックして、業者の買取金額との差を見極めておきましょう。

取引に関する質問に、きちんと答えてくれること

最後は、お店のスタッフの質に関わる項目です。わからないことに対して真摯な姿勢で答えてくれるお店であれば、手数料に関してモヤモヤした気持ちを抱えることもありません。

手数料よりも手取額がいくらかで考えよう

手数料は業者の儲けと関わっており、その金額にはばらつきがあります。だからこそ、自分自身が納得して売却できるお店を選ぶことが重要です。買取について検討し始めたら、「査定金額」ではなく、「実際に自分の手元に入ってくるお金」をベースに比較検討してみてください。

もし業者が公開している情報の中に「手数料」に関するものがなければ、ぜひ事前に確認してみてくださいね。