貴金属投資の「メリット」「デメリット」「方法」について

投資の世界の中でも、近年注目度が上がってきているのが「貴金属投資」です。その中でも特に人気が高いのが、「金」への投資。世界各国で盛んに取引が行われています。

とはいえ、初めて金投資の世界に飛び込む際には、さまざまな不安も付き物ですよね。また余計なリスクを避けるためには、最低限の基礎知識を身につけることも重要です。そこで今回は、初めての金投資を検討し始めた際に、知っておくべき基礎知識について解説します。

まずは金投資のメリット・デメリットを知ろう

自身の財産を守るため、積極的に資産を増やすための「投資」に目を向ける方も増えてきています。「金」をはじめとする各種貴金属は、数ある投資先の一つ。「金に投資する」という行動には、メリットもあればデメリットも存在しています。

投資先はさまざまだからこそ、より自分に合った投資生活を送るためには、それぞれのメリット・デメリットを頭に入れた上でしっかりと吟味する必要があるのです。

金投資のメリット3つ

投資先に「金」を選ぶメリットとしては、以下の3つの項目が挙げられます。

いざというときでも、金の価値は無くならない

金に投資するメリットは、主に「安全性」に関するものです。「金」という素材自体に価値があるため、経済的に大きな打撃を受けたときでも、その価値が「ゼロ」になるということはありません。

インフレやデフレにも対応しやすい

株の場合には、発行元の企業に問題があれば、あっという間に価値がゼロになってしまいます。金の場合には、このようなリスクがほとんどないというわけですね。
また現金で所有していると、インフレが起きたときには資産額が目減りしてしまいます。一方で資産を金にしておけば、インフレ・デフレ、それぞれの状況に合わせて価格を変動させますから、やはり安全性が高いと言えます。

世界各国でその価値が通用する

世界各国で取引されている金だからこそ、日本以外で換金することも可能です。

金投資のデメリット3つ

一方で金投資には、デメリットも存在しています。以下の3つの項目は、特に頭に入れておいてください。

金を所有していたからといって、それが何かを生み出すわけではない

株を所有していれば、業績や株数によって「配当」が受けられますが、基本的に金の場合は、それを所有したからといって、それだけでリターンが生まれるわけではありません。

価格が常に変動している

あくまで「売却したときに利益を生み出せる」という商品になりますが、価格は常に変動していますから、「儲けが出る」とは限らないのが現実です。

日本国内での取引には、為替の影響を色濃く受ける

また国際的な金の取引はドル建てで行われています。金の価格が上がっても、為替相場によっては利益が出ないということもあるでしょう。

金投資の種類はいろいろ。自分に合った手法を選ぼう

メリット・デメリットを頭に入れた上で、「それでもやっぱり金に投資をしたい!」と思ったときには、金投資の手法の中でも、自分に合うものを選択しましょう。

金投資の方法にもいろいろあり、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。初心者向けのものもあれば、玄人向けのものもありますから、レベルに合わせて選択するのもオススメです。

初心者向けの金投資

初心者でも比較的挑戦しやすいのが、以下の3つの投資手法です。

純金積立

純金積立は、毎月決まった金額を入金し、金を少しずつ積み立てていく投資手法となります。毎月1,000円からでも投資をスタートすることができ、さらにリスクも低いので、初心者でも安心して挑戦できることでしょう。

地金型金貨

地金型金貨も同様に、数十万円程度を負担して、少量の金を所有するスタイルとなります。手続きがわかりやすく、またコレクション要素も強いことで人気を集めています。

金ETF

金ETFは、5,000円程度と少額からの投資が可能で、株取引に似た仕組みで投資ができるのが魅力の一つ。初心者にとっても、参入しやすいスタイルだと言えます。

玄人向けの金投資

一方で玄人向けの金投資としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 投資信託
  • 金CFD
  • 金地金

投資信託や金CFDは、1万円程度の少額からスタートすることができますが、リスクが高い点が玄人向けです。その分ハイリターンを見込めますが、損失が出たときの金額も大きくなりがちなので注意が必要です。

金地金の取引は、リスクこそ低いものの、最初に購入資金として数十万円から数百万円を用意する必要があります。投資する金額に余裕があるときには、ぜひ検討してみてください。

「まずは始めてみたい!」というときには

金への投資をまずはスタートしてみたい!というときには、手堅い純金積立を検討すると良いでしょう。毎月の生活に無理のない範囲の金額を指定することで、確実に所有する金の量を増やしていけます。

毎月3,000円の積み立てでも、一年で42,000円分の金を購入できることになります。保有期間の中で一時的に金の価格が高まるようなことがあれば、もちろんそれを売却し、利益を確定することも可能です。

「自身で所有する金を増やす」という投資手法は、極めて堅実で、安全性の高いもの。将来的なリスクにも対応できるというメリットもあります。

貴金属投資の前に必要最低限の知識を身につけよう

金といえば、「安全性」に注目されがちな貴金属です。とはいえ金投資となると、話は別。金ならではの「安全性」というメリットはもちろんありますが、投資商品の中にはリスクが高いものも存在しています。

金投資に対する知識がないままこうした投資に挑戦しても、うまくいかない可能性も高いですから、充分に注意してください。まずは基礎知識を身につけて、自分に合う投資スタイルについてじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。