貴金属を高く買取ってもらうための、5つのコツを紹介します!

貴金属を高く売るにはいくつかのコツがあります。金相場をチェックしておく、信頼できる店を探すなど基本的なことから、重さを量っておく、保証書も持ち込む、汚れは落としておくなどがあります。少しでも高く買取ってもらいたいならコツを理解しておくことが大切です。

貴金属を高く買取ってもらうための、5つのコツを紹介

貴金属を売る場合、きちんと業者を選ばないと損をしてしまうことがあります。少しでも高く売るためにもコツを理解しておきましょう。

金相場を確認して高いときに売りましょう

金の相場は毎日違います。当然、金相場が高騰していれば、その分買取金額もアップするので、すぐに現金化したいということでなければ、金相場を見ながら売り時を探るのがおすすめです。

ただし、買取業者も利益を出さなくてはならないので、金相場そのままの買取になるわけではありません。とはいえ、金相場が高騰しているのに買取は安いままということはありませんので、目安にはなります。

また、金相場をチェックしていると、どれくらいの金額が適正なのかなんとなくわかってくるので、安く買い叩きすぎな業者などに引っかかりにくくなります。

信頼できる店舗を探しましょう

世の中には悪質な貴金属買取業者はわんさかいます。詐欺まがいのことをして、あの手この手で安く買い叩こうとしてきます。騙されないためにも、きちんと信頼できる店を探して買取ってもらいましょう。

1.ホームページに金相場や買取価格を提示しているか。

2.細かく記載された見積もり書類を発行してくれるか。

3.目の前で査定をしてくれるか

4.質問に丁寧に答えてくれるか

以上が、質の高い業者を見分けるコツです。いくら有名な業者でも、対応が怪しかったりぞんざいなところは信用できません。時間が許す限り、納得がいくところをじっくり探してください。

買取ってもらいたい貴金属の重さをはかりましょう

先程説明した目の前で査定してくれるかどうかと関係する話なのですが、悪質業者の中には客の前で査定をせずに、貴金属の重量を誤魔化して安く買い叩こうとするところがあります。また、目の前で査定していても、計測器の設定を狂わせて誤魔化そうとする業者もあります。

それを予防するためにも、自分で売りたい貴金属の重さを量っておいてください。できれば0.1gまで細かく量れるものがベストです。メモしておいて、見積もり書類をもらったら、重量に大きな差はないかチェックします。

保証書や箱は一緒に持ち込みましょう

一般的には貴金属の買取は使用されている素材の重さによって計算されます。しかし、保証書や箱があると、金属としてではなくジュエリーとして高値で買取ってくれることがあります。とくに有名ブランドの貴金属ではこの傾向が強いので、保証書や箱が付属していたら、一緒に持ち込んでください。

汚れはきれいに拭きとって保存しましょう

売ってしまいたいものだからと、貴金属を粗雑に扱ったり、放置していたりしませんか。貴金属はきれいにしておいたほうが、鑑定士の心象がよくなり、値段が高くなる傾向にあります。もちろん、使用されている金属の重さがもっとも重要ですが、あまりにも手入れされてない、汚れてしまった貴金属を鑑定させられたら、おまけをつけようだなんて誰も思いませんよね。

鑑定士の心象まで気にしておくのが、値段を高くつけてもらうコツです。

貴金属買取ガイドのTOPへ